2014年07月19日

「HGUCフルアーマーユニコーンガンダム(ユニコーンモード)メモリアルクリアVer.」当選レビュー。

blog1082_000.jpg blog1082_001.jpg
「機動戦士ガンダムUC episode7」完結編公開を記念して行われた
ガンプラHGUC×機動戦士ガンダムUC プレイバックキャンペーン」。
2週間毎に変わる6種類の景品のうちの最後のひとつ、
「episode 6 コース フルアーマーユニコーンガンダム メモリアルクリアVer.」に当選しましたっ!

はい、私既にep2コースのシナンジュに当選しておりますが、
尋常ならざる強運に恵まれ、まさかの2回目の当選となりました。

いや、正直本当に当たるとは思いませんでした。
2009年からガンプラの懸賞に応募するようになって5年。
その5年間に私が当選したガンプラはこれで7個目となります。
・2009年 エクスプレス スピードパス HGUCシャア専用ザク(抽選3,000名)
・2009年 日清食品 カップヌードル MGガンダムVer.O.Y.W.(抽選1,000名)
・2010年 日清食品 カップヌードル MGシャア専用ザクVer2.0(抽選1,000名)
・2013年 HGUCユニコーンガンダム 覚醒キャンペーン(抽選500名)
・2013年 日清食品 カップヌードル MGガンダムVer.O.Y.W.クリアカラーVer.(抽選1,000名)
・2014年 ガンダムUC×HGUCプレイバックキャンペーン ep2シナンジュ(抽選500名)
・2014年 ガンダムUC×HGUCプレイバックキャンペーン ep6フルアーマーユニコーン(抽選500名)
カップヌードルMG3連覇も凄かったですが、
今回のプレイバックキャンペーン2回当選も相当凄いと思います。
まさに不可能を可能にしていますね(名は体を表す的な意味でも間違ってない

よもや2回目の当選ともなる今回、届いた時は鳥肌どころではありませんでした。
本当は買ったんじゃないの?とか疑われそうですが、
これは現実なのです。
悲しいけどこれ、現実なのよね…。
アニメじゃない、本当の事さ!
ただ認めてレビューを書けばいい。それが当選者の特権だ。(義務とも言う)
…あまりにもすごい出来事に、意識が違う世界へ飛びかけていました(^^;

さて、レビューです。
商品の発送は6月20日で21日の夜に届いていました。
オク等で買ったのであれば、このタイミングで届くはずはありませんものね。
到着時の詳しいお話は旧ブログで到着直後に書いておりますので
宜しければそちらもご覧下さい



↓届いた時のダンボール箱です。


いつも通りの梱包ですね。
「景品在中」の文字がまぶしいです♪


↓パッケージです。
blog1082_008.jpg blog1082_009.jpg
blog1082_010.jpg blog1082_011.jpg
こちらもいつも通りの共通デザインのパッケージですね。
今回はオプション豊富なフルアーマーユニコーンガンダムなので、
とにかくランナーの数が多いです。
感激いっぱい、お得感もいっぱい、デス♪


↓多色成形のAランナーです。
blog1082_012.jpg


バンシィメモリアルクリアのところでも触れましたが、
成形色が全部同じになると、基本的に共通のAランナーは
どれがユニコーン1号機でどれがバンシィでどれがユニコーンモードなのか
よくわかりませんね。
アンテナだけ無いのがバンシィ、アンテナとツインアイが無いのがユニコーンモードですが、
せっかくなのでメモリアルクリアVer.で3つ比較してしまいましょう。
blog1082_174.jpg
うん。比較がどうのよりも、
この3つが並んでいる事の方が異常な光景なんですよね…。


↓ボディやシールド等の外装系Bランナーです。
blog1082_019.jpg




↓腕や脚等の外装系2枚組Cランナーです。
blog1082_026.jpg




↓バズーカやバックパック等のDランナーです。
blog1082_033.jpg




↓ミサイル弾頭等のWA1ランナー、ビームマグナムのWE1ランナーです。
blog1082_040.jpg


フルアーマーユニコーンのユニコーンモードに付属するビームマグナムは
左右両手対応版になる前の右手専用のビームマグナムを
CADデータコピーしたものなので、保持力もバッチリです。


↓ビームガトリングガンやバズーカ等のWB1&WB2ランナーです。
blog1082_047.jpg



blog1082_054.jpg



↓増設フレーム等のWC1&WC2ランナーです。
blog1082_058.jpg


blog1082_062.jpg



↓プロペラントブースターの2枚組WDランナーです。
blog1082_066.jpg




↓ビームサーベル刃、ポリキャップ、ホイルシールです。

シナンジュ等と同じように、ビームサーベル刃もラメ入りクリア成形になっています。
ホイルシールは通常版と同じものが入っています。


という訳で、ささっと組み立てていきます。
まずはユニコーンガンダム(ユニコーンモード)本体から。
フルアーマー仕様ではなく、通常のユニコーンモードです。

blog1082_076.jpg blog1082_077.jpg



フルアーマー仕様ではないので、
脚部にグレネードラックがありません。
通常版のフルアーマーユニコーンガンダムも同じですが、
ここは説明書通りではなく、スラスターパーツを組み込んだ状態でも
ほんの少しの加工で後からグレネードラックを
着脱できるようになります。


バズーカやシールドを装備させてみます。


「HGUCユニコーンガンダム(ユニコーンモード)」の通常のスタイルですね。


各部のアップをテケトーに。










1号機デストロイモードと並べてみます。


こうやって両方揃っていると、やっぱり気分が良いですね♪


↓フルアーマーオプション一覧です。
blog1082_114.jpg
さすがはフルアーマーユニコーンガンダム、
オプションてんこ盛りですね。

では、フルアーマーユニコーンガンダムにしてみます。
まずは素のユニコーンモードをフルアーマー仕様で。


フルアーマー仕様と言っても、
脚部にグレネードラックが付いただけですけどね(^^;

では、完全なフルアーマーユニコーンガンダムにしてみます。

blog1082_118.jpg blog1082_119.jpg



ユニコーンモードでもボリュームいっぱい大迫力なのは同じですね。
メモリアルクリアVer.でも、その異様は健在です。


各部のアップをフルアーマーでも。






フルアーマーユニコーンガンダムのキットは
増設フレームやプロペラントタンク用の接続フレーム、スタンド等に
ABS樹脂に変わる柔らかいプラが使われています。
しかし今回は全てのプラパーツがラメ入りクリア成形になっているので、
柔らかい樹脂は使われず、硬いクリアパーツになっています。
その為通常版のように柔軟に着脱ができません。
なので今回は着脱の多いフレーム周り等の接続部を
保持力を失わないギリギリあたりまで削って
レビュー撮影の為に容易に着脱できるようにしています。
おかげで撮影時それなりに楽に着脱できましたが、
あんまりやり過ぎるとそのうちスポスポになってしまいそうです。
そして、可動部も硬いクリアパーツなので、
動かしているとそのうちユルユルに…。
あと、一部パーツは対策してたのに破損しました。
まぁほとんど見えない部位ですしちゃんと補修もできてるので良いのですが。
…さすがに結構神経を使いました(^^;


さて、せっかくこれまでにユニコーンガンダム(デストロイモード)
そしてバンシィ(デストロイモード)とメモリアルクリアVer.を揃えてきたので、
やっぱりやらないといけませんよね。

「HGUCフルアーマーユニコーンガンダム(デストロイモード)メモリアルクリアVer.」を!
はい、もちろんやりますよっと!

blog1082_144.jpg

これは上記の3つのメモリアルクリアVer.を持っていないとできないものです。
バンシィ必要無いじゃないか?と思う人も居るかもしれませんが、
展開状態のシールドが2個必要になる為、
ユニコーンDMを2個もしくはバンシィを持っていないとできない訳です。
どっちにしても、超贅沢・超豪華なモデルとなった訳ですね。

という事で、せっかくなのでフルコーンデストロイメモリアルでも
全身と各部のアップを載せていきましょう!

blog1082_145.jpg blog1082_146.jpg



成形色のおかげでユニコーンモードとあまり違わない感じがしますね。
でもちゃんとデストロイモードなんですよね。








以上「HGUCフルアーマーユニコーンガンダム(ユニコーンモード)メモリアルクリアVer.」でした。

今回のレビューは1つの記事で
「HGUCユニコーンガンダム(ユニコーンモード)メモリアルクリアVer.」
「HGUCフルアーマーユニコーンガンダム(ユニコーンモード)メモリアルクリアVer.」
「HGUCフルアーマーユニコーンガンダム(デストロイモード)メモリアルクリアVer.」
という3つのメモリアルクリアVer.のレビューができました。

その気があれば諭吉さんの暴力で無理矢理揃える事もできるのですが、
やはり一番大きなフルアーマーユニコーンを自力で手に入れられたのは
ものすごく大きかったですね。
感動もですが、経済的負担の低減効果が何よりも(苦笑
これで正式発表済みの「HGUCユニコーンガンダム」のバリエーションモデルは
全て揃えた事になります。
まだこれからもリリースは続くでしょうけれど、
とりあえず今はひとまずのフルコンプです!

さて、フルコンプと言えば私はもうひとつ、
「HG ガンダム Ver.G30th」のフルコンプを目指しています。
今現在大阪ガンダム展の限定メタリックバージョンで全24種類になります。
ユニコーンガンダムのフルコンプが成った以上、
今度はG30thのフルコンプも目指したいところですね。
とりあえずGBWC2014とガンプラ王2014の一次審査通過記念景品は
どちらも昨年のものと同一である事が確認されたので、
私の手元に無いのは、あとはクリアレッドVer.のみとなります。
そのうち…きっと…何とかしたい…な…。

まだまだユニコーンガンダムもやってみたい組み換えパターンが
結構残っていますのでそれも続けていきたいと思っていますが、
とりあえずユニコーンガンダムのレビューは今回で一段落となります。
残りはいずれまた時間がある時にして、
今は他のガンプラも作って行きたいと思います。
あ、べ、別にユニコーンに飽きたとか、そんな事は無いですからねっ!
…いやマジで。
blog1082_173.jpg
4体揃うと、残りの2体も欲しくなる罠に必死に耐えているのは秘密デス(`・ω・´)
posted by ろあの〜く。 at 14:34| 当選ガンプラ