2016年12月20日

「HGUC ガンダム Ver.GFT REVIVE EDITION」レビュー。

blog1374_000.jpg blog1374_001.jpg
2017年4月5日に5年間の営業を終えて閉店が決まった
お台場のガンダムフロント東京。
その最後のガンダムフロント東京限定ガンプラとして発売された
「HGUC RX-78-2 ガンダム Ver.GFT REVIVE EDITION」です。

このキットは2016年12月4日に販売が終了したGFT最初の限定ガンプラ
「HG RX-78-2 ガンダム Ver.GFT」と入れ替わる形で
同年12月18日より販売が始まりました。

同日、ガンプラビルダーズワールドカップ2016世界大会決勝が
ガンダムフロント東京で開催され、それを記念したアイテムとされています。

キットそのものは2015年に発売された「HGUCガンダム(REVIVE版)」の
成形色をHGガンダムVer.GFT準拠に変更し、同キットの台座に加えて
実物大ガンダム立像と同じデザインのマーキングシールを追加したモデルです。
その為ガンダム本体の形状はREVIVE版と全く同じとなり、
実物大ガンダム立像のマグネットコーティングパーツはありません。
またディテールも立像のG30thデザインとは異なります。

簡潔にまとめると、
本体は成形色以外に新規要素は全く無く、
その成形色もマーキングも台座も
旧HGガンダムVer.GFTと基本的には同じもの
です


これがGFT最後の限定ガンプラと明言されている事もあり、
今後閉店までの4ヶ月間に新規のGFT限定ガンプラが発売される事は無くなりました。
とても残念ですが、最後のGFT限定ガンプラ、サクッとレビューしてみようと思います。


↓パッケージです。
blog1374_002.jpg blog1374_003.jpg blog1374_004.jpg
パッと見はいつものGFT限定ガンプラと同じデザインです。
ガンダムのボックスアートがマーキング以外が
一般販売のREVIVE通常版と同じな為、
あまり目新しさを感じにくい気がしますね。
そういえば、GFT限定ガンプラは帯が赤色になりますが、
フルアーマーガンダム(サンダーボルト版)だけはなぜか青い帯でしたね。
数量限定とか期間限定という訳でも無かったのですが、あれは何だったのでしょうか?

↓他のREVIVEガンダムのバリエーションモデルとのパッケージ比較です。
blog1374_005.jpg blog1374_006.jpg blog1374_007.jpg
東京ガンダム展限定以外は基本的に同じボックスアートですね。
これ以外にもREVIVEガンダムのバリエーションはありますが、
GBWCやオラザク等のコンテスト一次審査通過記念モデルとなります。

↓多色成形のAランナーです。
blog1374_008.jpg blog1374_009.jpg blog1374_010.jpg
一見するとREVIVE通常版と同じに見えますが、
成形色が全てHGガンダムVer.GFT準拠に変更されています。
旧Ver.GFTには無かったクリアパーツだけは通常版と同じです。

↓通常版及びガンプラケーキ版とのAランナー成形色比較です。
blog1374_011.jpg blog1374_012.jpg blog1374_013.jpg
通常版やガンプラケーキ版と同じ成形色になるパーツは
クリアパーツのみです。
ガンプラケーキ版はクリアパーツ以外は
全てグロスインジェクション成形となっています。

↓旧Ver.GFTとの成形色比較です。
blog1374_014.jpg blog1374_015.jpg blog1374_016.jpg
成形色は全て旧Ver.GFTと同じになっています。

↓白い外装のBランナーです。
blog1374_017.jpg blog1374_018.jpg blog1374_019.jpg
白い外装はよくある普通のソリッドホワイトに変更されています。
REVIVE通常版がアニメイメージの緑味のある色合いだったので、
ちょっと新鮮な印象もありますね。

↓REVIVE通常版やガンプラケーキ版との比較です。
blog1374_020.jpg blog1374_021.jpg blog1374_022.jpg
ガンプラケーキ版も一応白い成形色なので、
こうやって比較すると通常版の緑っぽい色合いが
余計に目立ちますね。
ガンプラケーキ版はグロスインジェクション成形なうえに、
若干グレーに近い色合いなので、今回のVer.GFTとは
光沢感だけでなく色合いも違う事がわかります。

↓旧Ver.GFTと比較してみます。
blog1374_023.jpg blog1374_024.jpg blog1374_025.jpg
画像では若干違って見えるかもしれませんが、
成形色は同じになっています。

↓武器や関節部等のKPS製Cランナーです。
blog1374_026.jpg blog1374_027.jpg blog1374_028.jpg
こちらも旧Ver.GFT準拠の成形色に変更されています。

↓通常版やガンプラケーキ版との比較です。
blog1374_029.jpg blog1374_030.jpg blog1374_031.jpg
旧Ver.GFT準拠になった事で、
REVIVE通常版とは色合いが若干違う感じになりました。
新Ver.GFTはグレイヴァイオレット、
REVIVE通常版はミディアムブルーという感じでしょうか。
通常版とガンプラケーキ版は全く同じです。

↓旧Ver.GFTとの比較です。
blog1374_032.jpg blog1374_033.jpg blog1374_034.jpg
成形色は同じになっています。

↓台座のD2ランナーです。
blog1374_035.jpg blog1374_036.jpg blog1374_037.jpg
他のREVIVEバリエーションには無かったものですが、
このパーツは新規金型ではなく、
旧Ver.GFTのDランナーから台座だけを成形できるようにしたものです。
旧Ver.GFT版のマグネットコーティングパーツや
アムロフィギュアの部分を成形しないように新たにスイッチを追加して、
D2ランナーのタグを追加しています。

↓旧Ver.GFTと比較してみます。
blog1374_038.jpg blog1374_039.jpg blog1374_040.jpg
台座部分は完全に同じになっています。
せっかくのGFT最後の限定ガンプラなのですから、
ここにREVIVE版マグネットコーティングパーツなんかを
追加しても良かったような気がします。
アンクルガード以外はマルイチ部分だけで済みますが、
難しい…というよりもコストの問題でしょうね。

↓ポリキャップ、シール類、ビームサーベル刃です。
blog1374_041.jpg blog1374_042.jpg blog1374_043.jpg
ホイルシールとポリキャップ、サーベルエフェクトは
通常版等他のREVIVEバリエーションと全く同じです。

↓組立説明書とシールの拡大画像です。
blog1374_044.jpg blog1374_045.jpg blog1374_046.jpg
blog1374_047.jpg blog1374_048.jpg blog1374_049.jpg
blog1374_050.jpg blog1374_051.jpg blog1374_052.jpg
blog1374_053.jpg blog1374_054.jpg blog1374_055.jpg
閉店が決まっているにも関わらず、
他のGFT限定ガンプラと同じように実は部品の単品注文が可能だったりします。
とはいえ、需要のあるパーツなんて無さそうですが(^^;
マーキングシールやマーキングガイドを見て気付く人も居るかもしれませんが、
実はマーキングは旧Ver.GFTと全く同じです。
ただパーツ形状はG30thベースの旧Ver.GFTとREVIVEでは異なるので、
シールのカッティングラインだけはREVIVEに合わせて変更されています。
その為シールは新規になっているんですね。
なので、シールを貼る場所は全く同じになっています。

↓マーキングシールを大きな画像で比較してみます。
blog1374_056.jpg
カッティングラインとマルイチ部分の曲率が異なり、
シールの種類は全て同じなのがわかると思います。


それでは、ササッと組み立ててみます。
まずはシール類を貼っていない状態から。

blog1374_057.jpg blog1374_058.jpg
blog1374_059.jpg blog1374_060.jpg blog1374_061.jpg
blog1374_062.jpg blog1374_063.jpg blog1374_064.jpg
blog1374_065.jpg blog1374_066.jpg blog1374_067.jpg
REVIVEガンダムで白い外装が純白になるモデルは、これまでは
一回限りの特殊な限定ガンプラだったガンプラケーキ版のみだったので、
緑味の強いアニメイメージの通常版を見慣れている為
ちょっと新鮮にも感じますね。

各部のアップを適当に。

blog1374_068.jpg blog1374_069.jpg blog1374_070.jpg
blog1374_071.jpg blog1374_072.jpg blog1374_073.jpg
blog1374_074.jpg blog1374_075.jpg blog1374_076.jpg
近くで見るとREVIVEだけど離れて見ると成形色のせいで
旧Ver.GFTに見えるという感じでしょうか。

↓REVIVE通常版やガンプラケーキ版と比較してみます。
blog1374_077.jpg blog1374_078.jpg blog1374_079.jpg
こうなるとアニメイメージなはずの通常版の方が違和感が強いですね。
ガンプラケーキ版はせっかくの白い外装も
今回の新Ver.GFTの方がガンダムのイメージに近いせいか
少し違和感を感じてしまいます。
それほどに今回の新Ver.GFT版がしっくり来ますね。


マーキングシールを貼って完成させます。

blog1374_080.jpg blog1374_081.jpg
blog1374_082.jpg blog1374_083.jpg blog1374_084.jpg
blog1374_085.jpg blog1374_086.jpg blog1374_087.jpg
blog1374_088.jpg blog1374_089.jpg blog1374_090.jpg
実物大ガンダム立像準拠のマーキングシールを貼ってしまうと、
もうほとんど旧Ver.GFTと同じに見えてしまいますね。
そもそもREVIVEガンダム自体がG30thをベースに進化せたモデルなので、
つまりは旧Ver.GFTベースとも言える訳で、似ているのは当然ですね。

各部のアップをテケトーに。

blog1374_091.jpg blog1374_092.jpg blog1374_093.jpg
blog1374_094.jpg blog1374_095.jpg blog1374_096.jpg
blog1374_097.jpg blog1374_098.jpg blog1374_099.jpg
blog1374_100.jpg blog1374_101.jpg blog1374_102.jpg
アップで見ても本当に旧Ver.GFTと変わらない印象ですね。
G30thベースのマーキングなので、REVIVE版のディテールに
部分的に合わないところもありますが、
至近距離で見ないとわからない・気にならないレベルですね。

装備品とか。

blog1374_103.jpg blog1374_104.jpg blog1374_105.jpg
blog1374_106.jpg blog1374_107.jpg blog1374_108.jpg
blog1374_109.jpg blog1374_110.jpg blog1374_111.jpg
blog1374_112.jpg blog1374_113.jpg blog1374_114.jpg
blog1374_115.jpg blog1374_116.jpg blog1374_117.jpg
パーツ形状の変更は一切無いので、
他のREVIVEガンダムでできる事はこのキットでも全てできます。
左右の平手があるのはやっぱり良いですね。
これで左右の握り手もあれば完璧でした。
ちなみにREVIVEガンダムは左右のサーベル持ち手でも
バズーカやライフルをそのまま持つ事ができますので、
左手でもバズーカ等を持てます。
トリガーに指はかけられませんが、
最近のHG系はトリガーに指をかける銃持ち手そのものが付属しないので、
ある意味同じになって良い…のかな?
やっぱり銃持ち手は欲しいなぁ。
左の銃持ち手を付けて欲しいとずっと願っていたら、
いつの間にか「銃持ち手そのものが無くなりました」(´・ω・`)ナンデヤネン…

blog1374_118.jpg blog1374_119.jpg blog1374_120.jpg
台座は旧Ver.GFTのものと全く同じですので、
ガンダムをただ上に載せるだけで一切固定できない点も同じです。
もっともそれは、過去の立像準拠のG30thの台座も同じですね。

↓オプション一覧です。
blog1374_121.jpg
台座以外は全て他のREVIVEガンダムにもあるものですね。

↓旧Ver.GFTと比較してみます。
blog1374_122.jpg blog1374_123.jpg blog1374_124.jpg
単体では旧Ver.GFTと見間違える新Ver.GFTですが、
さすがに比較してみると違いはよくわかりますね。
とにかくREVIVEはプロポーションが細すぎます。
個人的には旧Ver.GFTつまりG30thのプロポーションが好みですので、
G30thにREVIVEの可動機構を組み込めれば
私の理想のRX-78になりますが、さすがに難しいですね。


という感じでガンダムフロント東京最後の限定ガンプラ
「HGUC RX-78-2 ガンダム Ver.GFT REVIVE EDITION」でした。
blog1374_125.jpg
ガンダムフロント東京が閉店した後のGFT限定ガンプラがどうなるのか、
この記事を書いている時点ではまだ発表がありません。
さすがに全種類どこかで販売が続くという事は無いでしょうけれど、
フェネクス系等の需要があるモデルだけでもパッケージを変えるとかして
プレバンでも良いので販売を続けてほしいですね。
このキットはさすがに閉店と同時に販売終了でしょうけれど。
HGガンダム(30周年版ベース)で始まりHGガンダム(35周年版ベース)で終わる。
ある意味順当なGFT限定ガンプラの締め方でしたね♪

40周年にはまた色々やるのでしょうから、
そこで実物大ガンダム立像共々再びお目にかかれると信じて。
blog1374_126.jpg
posted by ろあの〜く。 at 22:39| GFT限定ガンプラ