2017年02月10日

「HGPG プチッガイ ソーダポップブルー&アイスキャンディー」レビュー。

blog1397_000.jpg blog1397_001.jpg
2017年2月11日発売のプチッガイシリーズ最新作、
「HGPG 13 プチッガイ ソーダポップブルー&アイスキャンディー」です。

このキットは2016年に急速に増殖してきたプチッガイシリーズの
一般販売モデル第13弾となります。
毎回何かしらのテーマがあるプチッガイシリーズ、
今回は"手軽なスイーツ"がテーマとなっています。

今回のモデルでも、使用されている金型は
HGPG07パンダッガイからの新規金型となっています。

↓パッケージです。
blog1397_002.jpg blog1397_003.jpg blog1397_004.jpg
一般販売プチッガイ共通となるお馴染みのデザインですね。

↓Lランナーです。
blog1397_005.jpg blog1397_006.jpg blog1397_007.jpg
blog1397_008.jpg blog1397_009.jpg blog1397_010.jpg
今回のソーダポップはそのカラーリングが
一番最初のプチッガイであるベアッガイF付属モデルを連想させますが、
比較してみると思った以上に成形色の違いがありました。
このLランナーもベアッガイF付属は薄い水色なのに対し、
ソーダポップは濃い目の水色となっています。

↓Kランナーです。
blog1397_011.jpg blog1397_012.jpg blog1397_013.jpg
Kランナーは水色がかった白という感じの成形色となっています。

↓Mランナーです。
blog1397_014.jpg blog1397_015.jpg blog1397_016.jpg
MランナーはベアッガイF付属の本体色によく似た
明るい水色となっています。

↓KランナーとMランナーをベアッガイF付属と比較してみます。
blog1397_017.jpg blog1397_018.jpg blog1397_019.jpg
イメージ的にはよく似ているのですが
直接比較してみると結構色合いが違っている事がわかります。

↓組立説明書とシール、ポリキャップです。
blog1397_020.jpg blog1397_021.jpg blog1397_022.jpg
組立説明書はこれも専用のものが用意されています。
ポリキャップはプチッガイシリーズ共通の成形色です。
シールはいつもの紙シールで、アイスの棒部分だけ新規で用意されています。
何故か必ず4体分用意されている目と鼻のシール、
プチッガイシリーズを買い揃えている人は
いったいどのくらい余ってるんでしょうね?

それではササッと組み立ててみます。

blog1397_023.jpg blog1397_024.jpg
blog1397_025.jpg blog1397_026.jpg blog1397_027.jpg
blog1397_028.jpg blog1397_029.jpg blog1397_030.jpg
blog1397_031.jpg blog1397_032.jpg blog1397_033.jpg
同時発売のビタースィートブラウンと同じく
こちらも新規パーツがアイスキャンディーひとつだけなので、
本体形状に違いはありません。

アイスキャンディーをシールを貼っていない状態で。

blog1397_034.jpg blog1397_035.jpg blog1397_036.jpg
blog1397_037.jpg blog1397_038.jpg blog1397_039.jpg
色分けはアイスの棒部分だけなので
シールを貼っていなくてもそれほど違和感はありませんが、
後ろから見るとアイス本体部分がまるごと肉抜きになっているので
なんかすごい変なものに見えてしまいますね。
まぁ埋めるのは簡単ですけど。

アイスの棒にシールを貼ってみます。

blog1397_040.jpg blog1397_041.jpg blog1397_042.jpg
blog1397_043.jpg blog1397_044.jpg blog1397_045.jpg
古典的なアイスキャンディーなので棒部分は木なのでしょうけど、
シールは肌色単色ですので近くで見るとあんましそれっぽく見えません。
またシールの幅がギリギリ過ぎて、貼ると側面全てを覆えなくて
近くで見ると成形色の棒部分が見えてしまいます。
まぁそれは良いのですが、この棒部分は厚みがあまり無く、
扱い方によっては簡単に折れてしまうので注意が必要です。

↓オプション一覧です。
blog1397_046.jpg
やっぱり追加オプションがアイスキャンディーひとつだけなのが寂しいですね。
何かプレイバリューとなるようなものがもうひとつくらい欲しいところです。


カラーリングがそっくりなベアッガイF付属や同じブルー系のライトニングと比較してみます。

blog1397_047.jpg blog1397_048.jpg blog1397_049.jpg
ライトニングブルーは色の濃さが全く違うので良いのですが、
ベアッガイF付属モデルはイメージ的には同じっぽくても
直接比較すると全く異なった成形色なのがはっきりわかりますね。
イベントで展示されてた時はベアッガイF付属の単品化なのかなと思っていましたが、
全然違いつつも印象はほとんど同じという感じで、
商品ラインナップとしては過去の色かぶりとかもあって
ちょっと勿体無い気もします。


という訳で「HGPG 13 プチッガイ ソーダポップブルー&アイスキャンディー」でした。
短期間にものすごい勢いで増殖してきたプチッガイシリーズ。
一般販売モデルだけでこれで13体目、
他にイベント限定が2体、セブンイレブン限定で2体、
ベアッガイF付属で2体と、全部合わせて19体となります。
そして来月にはプリティインピンクが発売になるので、
それで全20体となりますね。
さすがにここまで増えると飽きられると思うのですが、
シリーズラインナップの中では色かぶりもありますし
新規パーツも少なくて並べて飾るにしても持ち替えて遊ぶにしても
何かしら消化不良なところがあるようにも思えてしまいます。
もしまだ続きがあるのなら、
一般販売モデルではその辺りの変化を期待したいですし、
イベント限定では黒い三連に続くパーソナルカラーを頑張って欲しいかな。

でも個人的には、全20体とパパッガイでベアッガイファミリーは
もう終わりになるんじゃないかなと予想してたりもしますが(^^;
blog1397_050.jpg
posted by ろあの〜く。 at 20:03| 一般販売ガンプラ