2013年08月25日

「HGUCシャア専用ズゴックVSジムVer.GFT」レビュー。

blog1022_000.jpg blog1022_001.jpg
7月よりガンダムフロント東京にて販売が始まった
「HGUC シャア専用ズゴック VS ジム Ver.GFT」です。


このキットは4月にリニューアルされた実物大ガンダム壁面映像演出
「WALL-G」のロングバージョンに登場するシャア専用ズゴックとジムを
HGUCで再現したものです。

発売中の両機の成型色を変更し、
ズゴックにはGFT専用デザインのマーキングシールが
新たに追加されています。


↓パッケージです。
blog1022_002.jpg blog1022_003.jpg blog1022_004.jpg
2機セットなので、シャア専用ズゴックとジムのイラストが
両方共載っています。


↓組立説明書とマーキングガイドです。
blog1022_005.jpg blog1022_006.jpg
組立説明書はどちらも通常版と同じものが入っていました。
またシャア専用ズゴック用に新たにマーキングガイドが
1枚入っています。

ランナーの紹介ではズゴック、ジムともに
HGUC通常版との比較画像を載せる事にします。
まずはシャア専用ズゴックから。

↓多色成形のAランナーです。
blog1022_007.jpg blog1022_008.jpg blog1022_009.jpg
全ての成型色が変更されています。
通常版に比べて淡い色合いになっています。


↓関節部等のABS製Bランナーです。
blog1022_010.jpg blog1022_011.jpg blog1022_012.jpg
Bランナーは成型色も材質も全て通常版と同じになっています。


↓腕や脚の外装系Cランナーです。
blog1022_013.jpg blog1022_014.jpg blog1022_015.jpg
通常版のワインレッドから一般的なレッドへと変わっています。
どうも昔のPGシャア専用ザクのカラー似だった通常版が
近年のMGシャア専用ザク2.0風の
明るめのピンク主体のカラーリングへと変更されているようですね。


↓ポリキャップとホイルシールです。
blog1022_016.jpg blog1022_017.jpg blog1022_018.jpg
ポリキャップ、ホイルシールともに
通常版と同じものが入っています。


続いてジムです。

↓多色成形のAランナーです。
blog1022_019.jpg blog1022_020.jpg blog1022_021.jpg
関節部やカメラゴーグルは通常版と同じでしたが、
外装系はジムも淡い色合いへと変更されています。


↓腕や脚等の外装系Bランナーです。
blog1022_022.jpg blog1022_023.jpg blog1022_024.jpg
通常版はアニメカラーの緑色っぽい色合いでしたが、
Ver.GFTではHGUCジム改スタンダードカラーと同じ、
薄い水色へと変更されています。
元が古いキットなので、ビームサーベル刃はグリップと一体成型になっています。


↓ポリキャップとシール類です。
blog1022_025.jpg blog1022_026.jpg blog1022_027.jpg
blog1022_028.jpgポリキャップは通常版と全く同じですが、
コクピット用ホイルシールは
シャア専用ズゴック用マーキングシールと同じ
テトロンシールへと変更されています。
通常版が真っ黒なシールだったのが、
Ver.GFTではダークグレーになっています。


2機とも組み立ててみます。
まずはシャア専用マーキングシールを貼っていない状態から。

blog1022_029.jpg blog1022_030.jpg blog1022_031.jpg
通常版より共に明るい色合いになっているので、
なんだかちょっとさっぱりした感じがしないでもないですね。

シャア専用ズゴックにマーキングシールを貼って完成させます。

blog1022_032.jpg blog1022_033.jpg
blog1022_034.jpg blog1022_035.jpg blog1022_036.jpg
blog1022_037.jpg blog1022_038.jpg blog1022_039.jpg
blog1022_040.jpg blog1022_041.jpg blog1022_042.jpg
マーキングシールは数が少ない事もあって、
全部指示通りに貼っても、
それほど印象が変わりませんね。

マーキングシールがわかりやすいようなアップ画像も。

blog1022_043.jpg blog1022_044.jpg blog1022_045.jpg
blog1022_046.jpg blog1022_047.jpg blog1022_048.jpg
blog1022_049.jpg blog1022_050.jpg blog1022_051.jpg
マーキングがシンプルで情報量が増えすぎなくて良いですね。
それにしても、古いキットだから合わせ目が目立つ事この上ないですね。


通常版と比較してみます。

blog1022_052.jpg blog1022_053.jpg blog1022_054.jpg
こうやって直接比較してみると、
その色合いの変化がよくわかりますね。
元キットの色合いも悪くないのですが、
やはりGFTの方が今風な印象があります。


続いてジムです。

blog1022_055.jpg blog1022_056.jpg
blog1022_057.jpg blog1022_058.jpg blog1022_059.jpg
blog1022_060.jpg blog1022_061.jpg blog1022_062.jpg
blog1022_063.jpg blog1022_064.jpg blog1022_065.jpg
ジムは新規のマーキングシールは一切ありません。
GFTデザインのガンダムに準じたマーキングがあっても
良いのではとも思いましたが、
ジムであれをやると情報量増えすぎなうえに、
HGUCジムではあのマーキングはちょっと適用できなそうですね。
RGでジムが出れば良いのですが…。


ジムも通常版と比較してみます。

blog1022_066.jpg blog1022_067.jpg blog1022_068.jpg
ジムらしい弱緑のカラーリングが水色に変わり、
ほんの少し強そうに見え…ませんね(^^;


適当にポーズつけてみます。

blog1022_069.jpg blog1022_070.jpg blog1022_071.jpg
blog1022_072.jpg blog1022_073.jpg blog1022_074.jpg
blog1022_075.jpg blog1022_076.jpg
blog1022_077.jpg
基本的にはどちらもただの成型色変更モデルでしかないので、
可動範囲等に関しては通常版と全く同じです。


blog1022_078.jpgオプション一覧です。
ズゴックには付属品は全く無いので、
全部ジムのオプションになります。

ジムもバズーカとかは付属しない為に
充実しているとは言えませんが、
どちらもその価格の安さと作りやすさ、
その割にまとまりの良いスタイルが
今でも高く評価されていますね。


以上「HGUC シャア専用ズゴック VS ジム Ver.GFT」でした〜。
どちらも古いキットだけど
安くて意外とプロポーションも良くて
コストパフォーマンスと満足度の高い傑作キットですよね。
ちなみに実は私、どちらも今まで作った事が無くて
今回初めて作りました。
比較用に通常版も書いましたが、
量販店価格で2つ合わせて¥1,000でしたので
あまりにもお買い得過ぎて作ってて楽しかったです。
できれば合わせ目だけでも消してあげたいところですが、
現在接着剤や塗料を使えない環境下なので難しいですね。
blog1022_079.jpg
posted by ろあの〜く。 at 22:25| GFT限定ガンプラ